(東日本大震災8年)原発事故、苦悩いまも 被災者14人が語る記録映画、全国で順次上映

有料会員記事

[PR]

 東京電力福島第一原発事故で被災した人々の証言を集めた記録映画「福島は語る」が、東京・新宿のケイズシネマで上映されている。分断を強いられた避難生活の苦悩や喪失感、過酷な暮らしの実情が語られ、故郷とは何かを問いかける。

 手がけたのは、パレスチナで約30年取材を続けるフリージャーナリストの土井敏邦監督…

この記事は有料会員記事です。残り705文字有料会員になると続きをお読みいただけます。