[PR]

 実現性を度外視して斬新な案を示した「夢の建築」や、実現を前提としながらも何らかの事情で建設されなかった「幻の建築」。20世紀以降の建築史からそんな「夢と幻の建築」を集めた展覧会がさいたま市で開催中だ。見る人の想像力を刺激してやまない展示になっている。

 約40組の200点近い模型や図面が所狭しと…

この記事は有料会員記事です。残り1010文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1010文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1010文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも