[PR]

 ■画家・野見山暁治

 《絵描きにして、名エッセイストとしても知られる》

 僕はね、おしゃべりなんですよ。だから話していることを、そのような調子で書き留めたら、エッセーになるの。

 本になったのは、滞欧中に病で亡くなった妻陽子の闘病記『愛と死はパリの果てに』(1961年、後に『パリ・キュリイ病院』…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも