(耕論)平成流の象徴天皇 近重幸哉さん、山口輝臣さん、渡辺治さん

有料会員記事

[PR]

 慰霊の旅、被災地訪問、「おことば」――。平成の30年間で、象徴天皇のありよう、国民のまなざしは変わった。なぜ変わったのか。「平成流」の天皇像を、どう考えるべきか。

 ■思い表明、国民に「安心感」 近重幸哉さん(皇室ジャーナリスト)

 私が平成の30年間携わってきた週刊誌「女性自身」は、天皇陛下と…

この記事は有料会員記事です。残り3528文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら