[PR]

 外国人労働者の受け入れにあたって、一つの検討課題は、その日本語習得である。例えば現在30万人以上いる技能実習生は、母国で半年程度の事前教育と1カ月程度の来日後研修を受けた後に就労する。その後、基本的に学習の機会はなく、学習意欲がある者は地域の日本語教室などを利用している。国際交流協会やNPOなどが…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも