[PR]

 春の予感は、決まって小さな蝶(ちょう)がもたらしてくれる。明るい日差しの朝、通勤途上のまだ枯れたままの草むらに、くるくるくると花びらの欠片(かけら)のようなものが舞うのを目の端が捉える。風が一瞬、きらめいただけかと思えば、それは今年初めて見る蝶だった。シジミチョウだろうか。そういえば「初蝶」も「風…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも