[PR]

 3メガバンクの一角、みずほフィナンシャルグループ(FG)は6日、2019年3月期決算見通しを下方修正し、約6800億円の巨額損失を計上すると発表した。純利益は従来見通しの5700億円から約9割減の800億円となる。人口減や超低金利で銀行業は厳しく、店舗の統廃合や新システムの費用を一気に前倒し計上す…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも