[PR]

 ■「太鼓を打ちたい」と単身で被災地に残った。空気を震わす音が鼓舞する。

 太鼓練習場前の桜の幼木が、岩手県釜石市唐丹町(とうにちょう)の遅い春を待つ。植えられたのは4年前で、昨年は葉桜だった。

 地元の和太鼓集団「鼓舞桜会(こぶおうかい)」の会長、佐藤勇人(さとうはやと)(49)は、シカの食害防止…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも