[PR]

 日韓関係が悪化している。このままでいいとはだれも思っていないだろうにもかかわらず、明るい材料がまるで見えない。

 そんな厳しいさなかに文学座が「寒花」(鐘下辰男作、西川信廣演出)を再演している。韓国統監府統監当時の伊藤博文をハルビン駅前で射殺した安重根(アンジュングン)が登場するドラマで、22年前…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも