[PR]

 古代には「難波京」が置かれた大阪。江戸時代に「天下の台所」と呼ばれる商都となり、今は「食の都」「笑いの都」として国内外から観光客を集める。

 その大阪を、かつて「木の都」と呼んだ人物がいた。故郷であるこの町で暮らす人々の機微を描いた作家、織田作之助。通称「オダサク」だ。

     *

 「大阪は木…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも