[PR]

 ねらい通りに遺伝子を変える「ゲノム編集」の技術を使い、拒絶反応のリスクが少ないiPS細胞をつくる方法を開発したと、京都大iPS細胞研究所の堀田秋津講師らのチームが8日、米科学誌に発表する。

 iPS細胞は第三者の血液からつくれば、費用も準備期間も少なくて済む。ただ、他人の細胞を患者の体に入れるため…

この記事は有料会員記事です。残り311文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り311文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り311文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも