[PR]

 東日本大震災の翌年冬、被災した史料を茨城大学で修復整理していると、ある学生から声をかけられた。「福島県双葉町出身です。運び出した実家の古文書をどうしたらいいでしょうか?」

 軽い気持ちで「一緒に読んで、目録を作ろう」と答えたのが、福島第一原発周辺の郷土史を編むきっかけになった。

 国文学研究資料館…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも