[PR]

 臣は神(こころ)を以(もっ)て遇(あ)い、目を以て視(み)ず。

 (荘子)

     ◇

 料理人が牛を料理する、その手さばきと刀がたてる音はまるで音楽のよう。料理人は、初めのうちは牛の姿ばかり目に入ったが、やがてそれは目を去り、それこそまさに心眼で骨と肉の隙間を切り開き、「天理」(牛の体にある自…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも