[PR]

 村上春樹を世界に広めた米国の翻訳家ジェイ・ルービンさんが、近現代の日本文学から「とにかく良い作品」を集めてみると「災厄」が大きな主題となった。『ペンギン・ブックスが選んだ日本の名短篇(たんぺん)29』は、2013年に英国の大手出版社が企画した日本の近現代文学のアンソロジー。「逆輸入」した日本語版が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも