[PR]

 ■辞書編集、「し」の苦行 作家・門井慶喜

 小学1年生のとき、国語辞典をぜんぶ読んだ。入学祝いにもらったものだから大して分厚くなかったと思うが、それでも「さ」行がつらかった。なかなか「た」行にならず、気分が変わらなかったのだ。

 その子供はいまや作家となり、日本一の規模をほこる『日本国語大辞典 第…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも