統計不正防止策の検討委を設置へ 日本統計学会

有料会員記事

[PR]

 厚生労働省による毎月勤労統計の不正調査問題などを受け、日本統計学会は再発防止策を検討する委員会を近く立ち上げることを決めた。赤平昌文会長(筑波大名誉教授)が10日、都内であった同学会の春季集会で明らかにした。

 赤平氏は公的統計をテーマにした特別セッションで、「今回の法令違反は公的統計の信頼性を根…

この記事は有料会員記事です。残り246文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら