(ネット点描)不確かな情報、あえて投稿 人々の会話、呼び起こす

有料記事

[PR]

 東京大大学院の渡邉英徳教授は「間違っているかもしれない情報」を毎日、ツイッターに投稿している。

 戦時中の白黒写真などを人工知能でカラー化し「○年前の今日」というタイトルで発信する。本当の色はわからないが、それが大事だと言う。快晴の空に原爆のキノコ雲が浮かぶ、呉で撮影された1枚には「もっと赤かった…

この記事は有料記事です。残り656文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント