[PR]

 ■希少(きしょう)がんと呼ぶ。データが少なく、薬の開発が進めにくい

 アウルさん 患者(かんじゃ)数が少ないがんがあるの?

 A 国内で新たにがんと診断(しんだん)される人は、年間約100万人。患者数の多い大腸や肺などのほかに、人口10万人あたり年間6人未満と、かかる人が少ないがんがある。それを「…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも