[PR]

 自分は傷ついたらしいけれど、でも何がどう傷ついているのかも当時はわからなかった

 (福島出身の大学生)

     ◇

 中学の卒業式の日に震災に遇(あ)った彼は、東北で催されたあるワークショップでこう語ったと、アートプロデューサー・相馬千秋はいう。そして、「頑張ろう」「忘れない」と無理やり前を向か…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも