[PR]

 2020年東京五輪でサッカーの競技会場になる宮城県が、4月から募集する都市ボランティアに、東日本大震災の記憶や復興の現状を伝える「語り部」枠を設けることがわかった。国内外から訪れる観客らに情報発信することで記憶の風化を防ぎ、伝承につなげるのが狙いだ。「復興五輪」をうたう大会の開幕まで、12日で50…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも