[PR]

 ■宮古(みやこ)

 新しい旅立ちの日を間近に控え、第三セクター三陸鉄道の宮古駅(岩手県宮古市)は準備に忙しい。駅前のカウントダウンボードは12日朝、「開通まで11日」に変わった。

 2011年3月11日から8年。不通区間だったJR山田線の宮古―釜石間が三鉄(さんてつ)に経営移管され、23日、リアス線として再出発する。県内の久慈―盛(さかり)間163キロが1本の鉄路でつながる。

     *

 宮古駅の開業は1984年4月1日。同社旅客営業部副部長の冨手淳さん(58)は、その日の光景を今も鮮明に覚えている。「駅周辺が人であふれていた」。冨手さんは三鉄の1期生だ。熱気は、駅前に残る碑文からも読み取れる。「我等(われら)の先輩が 鉄路への志を発してより九十年」「今ぞ南北に鉄道を打ち貫く」

 歴史は1896年6月の明治三陸大津波に遡(さかのぼ)る。復興を願う沿岸の住民らが翌7月、鉄道会社の創立申請趣意書を国に提出した。名は「三陸鉄道」。だが計画は頓挫し、建設が再び動き出すのは昭和の高度成長期だ。明治以来の夢は高まったが、国鉄の経営が悪化。久慈、宮古、盛の赤字3路線は途切れたまま残された。それを引き継ぎ、結んだのが今の三陸鉄道だった。

 地元は沸き立ったが、冨手さんは「前途は大変な道のりだろう」と感じていた。もともとはお荷物路線。「こたつ列車」「お座敷列車」などを企画し、売り込みに奔走した。鉄路維持に必死だった。

 そして、あの日が来た。冨手さんは宮古駅2階の本社にいた。激しい揺れ、津波は駅の手前まで押し寄せた。ホームに止まっていたディーゼル車のエンジンがかけられて電気がついた。ホワイトボードが持ち込まれ、災害対策本部になった。沿線を回ると、レールは途切れ、駅も橋も消えていた。

 少しにぎわいが戻ったのは2013年4月。NHKの連続テレビ小説「あまちゃん」が始まった。舞台の「北三陸鉄道」のモデルは三鉄だ。「運行を再開することが使命だ。第三セクターの意地、見せっぺ」。当時の社長とのやりとりもドラマで再現された。

 ただ調整は難航。鉄路存続を求める沿岸自治体に対して、JRはバス高速輸送システム(BRT)への転換を主張した。交渉に当たったのが岩手県の元復興局長で、現社長の中村一郎さん(63)だ。「常に被災者や市町村の声を聞くことを心がけた」。碑文には、こうもある。「後進よ この業の上に 更に三陸の未来を創建せよ」。先人の思いを心に刻んだ8年間。ようやく新たな旅立ちにたどり着いた。

     *

 喜びと期待、不安が交錯する再出発。そんな三鉄に久慈市の作詩家、宇部京子さん(67)がエールの歌を贈った。「走れ!三陸鉄道」。開業日、宮古駅に隣接する複合施設である式典で、合唱仲間と披露する。こんな歌詞がある。「遠い町の名も知らぬ人々が 何も言わずうつむきながら スコップ片手に持って 三鉄から降り立った」「じょっぱれ けっぱれ くじけるな 僕らの町の三陸鉄道」。復興を支援してくれた人への感謝も込める。「ぜひ、みなさんに乗車してほしい」

     ◇

 東日本大震災で不通になっていた宮古―釜石間の15駅を紹介します。(大久保泰)

 ◆NEXT 磯鶏

 ◆ツイッター「朝日新聞・鉄道取材班」@asahi_railで全国の鉄道ニュースを発信中です。

 <訂正して、おわびします>

 ▼12日付社会面「各駅停話 三陸鉄道リアス線 宮古」の記事で、久慈市の宇部京子さんが贈った歌の題名が「走れ!三鉄鉄道」とあるのは「走れ!三陸鉄道」の誤りでした。

こんなニュースも