[PR]

 東京電力福島第一原発事故をめぐり、業務上過失致死傷罪で強制起訴された旧経営陣3人の第37回公判が12日午前、東京地裁で始まった。弁護側が最終弁論を行い、改めて巨大津波の予見性を否定して無罪を主張した。最終弁論は午後まで続き、1年8カ月余り続いた公判が結審する。▼10面=被災者失望

 起訴されている…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも