[PR]

 ■「シュタットベルケ」を日本に。資源のない農業のまちがモデルになった。

 みやま市は福岡県の西南、2007年に3町が合併した人口4万人足らずの街だ。

 昨年暮れ、前市長の西原親(にしはらちかし)の葬儀が市内であった。享年80歳。地域新電力「みやまスマートエネルギー(SE)」を立ち上げたが、病に倒れ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも