イラン、イラクへ接近 米制裁を牽制か 大統領が初訪問

有料記事

[PR]

 イランのロハニ大統領は11日、2013年の大統領就任後初めてイラクを訪れ、バグダッドでアブドルマハディ首相らと会談した。米軍が駐留するイラクとの関係を強め、核合意の離脱で対イラン制裁を再開したトランプ米政権を牽制(けんせい)する狙いだとみられる。

 ■米、影響力増を懸念

 ロハニ師は会談で「米国…

この記事は有料記事です。残り793文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント