[PR]

 ビル・エモットさんの30年前の著書『日はまた沈む』は、日本のバブル崩壊を予言したとして評価されてきた。

 英国の経済誌「エコノミスト」の東京支局長を1983~86年に務めたエモットさんは、日本でなお株価と地価の上昇が続く89年に出版した同書の中で、それら上昇を「古典的なバブルのしるし」と見抜き、「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも