[PR]

 災害時、壊れた住宅の被害はどう認定されるのか。

 被災者から罹災(りさい)証明書の申請を受けた市区町村では、職員2~3人が一組になり、まず外観を調べる「1次調査」をする。

 地震の場合、木造・プレハブ住宅であれば、倒壊していたり、地盤の亀裂が家の直下を横断していたりしたら全壊。傾きが高さ20センチ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも