[PR]

 ■人口が減り、税収が減り、地域が縮む中で、選択肢がほかにあるだろうか。

 「日本語になったドイツ語は『ワンダーフォーゲル』などあまり多くありませんが、これも将来、日本語になるんでしょうか」

 立命館大教授のラウパッハ・スミヤ・ヨーク(58)が話した。「シュタットベルケ(Stadtwerke)」のこ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

デジタルコース・最大2カ月無料キャンペーン実施中!詳しくはこちら

こんなニュースも