[PR]

 「働く」「装う」「恋をする」を切り口に時代の移り変わりを読み解き、女性たちにエールを送るシンポジウムが8日、津田塾大学(東京)で開かれた。脚本家の北川悦吏子さんらが、自分らしい生き方について語り合った。

 国際女性デーに合わせて朝日新聞が開き、約200人が参加した。

 「恋をする」をテーマにした…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも