[PR]

 自民党の小泉進次郎衆院議員が主導する国会改革のうち、妊娠・出産前後の女性議員がインターネットで採決できる「遠隔投票」について、同党は今国会での導入を見送る方針を固めた。憲法違反の可能性があるとの指摘が相次ぎ、慎重論が強まった。

 小泉氏ら超党派の議員で国会改革を目指す「『平成のうちに』衆議院改革…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも