[PR]

 旧優生保護法(1948~96年)の下で、障害のある人らに不妊手術が行われた問題で、救済法案を検討してきた与党ワーキングチーム(WT)と超党派議員連盟(議連)は14日、一本化した法案について正式に合意した。前文に反省と「おわび」の言葉を明記し、被害者に支払う一時金は1人あたり320万円とした。4月に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも