[PR]

 昨年の全日本実業団対抗女子駅伝の予選会で、骨折した選手がはってたすきをつないだケースなどの対策として、日本陸連は、競走を中止させる手順を2019年度競技規則に新たに明記した。14日に開かれた理事会で報告された。

 改正された規則によると、走れなくなった選手が出た場合は、審判員や医療スタッフが声かけ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも