[PR]

 日本文化をフランスで紹介した大規模イベント「ジャポニスム2018」は、演劇にも力を入れた。劇場の確保、人の移動、舞台装置の輸送、翻訳や字幕制作など手間もお金もかかる海外公演を強く後押しし、古典から「2・5次元ミュージカル」まで、多彩な演目が上演された。

 現代演劇では、定評のある蜷川幸雄、野田秀樹…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも