[PR]

 「いつタイトル戦に出てもおかしくない」。多くの棋士仲間からそう言われながら、藤井聡太七段(16)は2017年度、タイトル挑戦に届かなかった。

 将棋界には八つのタイトルがあり、いずれも予選、本戦を勝ち抜いて1位になった棋士がタイトル保持者に挑む仕組みだ。五番か七番勝負の長丁場で、限られた棋士しか立…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも