(大志 藤井聡太のいる時代)挑戦編:5 近づけど、なかなか届かぬタイトル戦

有料記事

[PR]

 「いつタイトル戦に出てもおかしくない」。多くの棋士仲間からそう言われながら、藤井聡太七段(16)は2017年度、タイトル挑戦に届かなかった。

 将棋界には八つのタイトルがあり、いずれも予選、本戦を勝ち抜いて1位になった棋士がタイトル保持者に挑む仕組みだ。五番か七番勝負の長丁場で、限られた棋士しか立…

この記事は有料記事です。残り622文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント

連載大志 藤井聡太のいる時代

この連載の一覧を見る