[PR]

 自由律俳人の松尾あつゆきは、長崎の原爆で妻を亡くし、四人の子どものうち三人の命も奪われた。むろん、自らも被爆している。その深い悲しみと、戦争や原爆への静かな怒りを、作品に刻み込んできた。

 航太が『原爆句抄』を借りてきたと聞いたとき、ああ、これはあいつの涙のツボにはまるぞ、と予感した。

 俳句には…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも