[PR]

 毎月勤労統計の調査手法変更に関する有識者検討会の阿部正浩座長(中央大教授)が18日の参院予算委員会で、厚生労働省から「ある程度の自由裁量権がほしい」と要望されていたと明らかにした。厚労省が検討会の議論を無視して結論をまとめようとしたことが浮き彫りになった。

 共産党の辰巳孝太郎氏の質問に答えた。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも