[PR]

 名古屋拘置所に収容中の男性死刑囚(69)が、拘置所の許可を得ずに戯曲「ハムレット」の一節を便箋(びんせん)の台紙に書いたところ、廃棄を指導されたことなどをめぐり、国に60万円の損害賠償を求めた訴訟の上告審判決が18日、最高裁第一小法廷であった。小池裕裁判長は、指導の一部を「過度な制約」と認めた二審…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも