[PR]

 ハノイで2月末に開かれた米朝首脳会談が物別れに終わったことを受け、朝鮮労働党が今月、党員らが自己批判し合う集会を各地で始めたと、脱北した元党幹部が明らかにした。将来的に米朝協議の詳細を党員に説明する際に予想される反発や失望を、あらかじめ抑え、引き締めを図る狙いがあるという。

 元党幹部によれば、集…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも