[PR]

 厚生労働省は19日、介護報酬の不正請求や法令違反などにより2017年度に処分を受けた介護事業所は、過去最多の257カ所だったと発表した。前年度より13カ所増えた。

 処分内容は、介護保険事業所の指定取り消しが169カ所、一定期間の事業停止処分が88カ所。介護報酬の返還請求額は計約11億7800万円…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも