[PR]

 暴力団組長が刑務所に収容されないよう虚偽の診断書をつくり、大阪高検に提出したとして虚偽診断書作成・同行使の罪に問われた担当医の全栄和被告(63)の判決が19日、京都地裁であった。斎藤正人裁判長は「記載内容が真実に反するというには合理的な疑いが残り、虚偽であると認めることはできない」として無罪(求刑…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも