[PR]

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設工事に抗議していた芥川賞作家の目取真(めどるま)俊さん(58)=名護市=が、米軍と海上保安部に長時間拘束されたことの是非が争われた裁判で、那覇地裁は19日、海保の対応に非があったとして、国に8万円を支払うよう命じた。

 判決によると、目取真さ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも