[PR]

 ■奈良文化財研究所主任研究員

 奈良時代史に多くの発見をもたらした木簡は、平安京の時代にいたり、急速にその数を減らすことになります。現在までの出土点数は、平城京遷都以前の和銅初年までの木簡が4万5千点余り、奈良時代木簡が26万点余り、長岡京の時代にも9800点以上確認されているのに対して、平安時…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも