(評・映画)「ビリーブ 未来への大逆転」 性差別を正す生き方に感銘

有料会員記事

[PR]

 原題の「On the Basis of Sex」は「性別に基づく」という意味。主人公のモデルは米国最高裁の現役女性判事ルース・ベイダー・ギンズバーグである。

 1933年に生まれたルース(フェリシティ・ジョーンズ)は、59年に名門コロンビア大学法科大学院を首席で卒業したが、既婚で子持ちのユダヤ系女…

この記事は有料会員記事です。残り533文字有料会員になると続きをお読みいただけます。