肯定すること、信じること 思春期の葛藤、初恋を丁寧に表現 「まく子」鶴岡慧子監督

有料会員記事

[PR]

 いつまでも子供ではいられない――。いま公開中の「まく子」は、そんな思いに駆られる小学5年のサトシの物語。西加奈子の小説を映像化した鶴岡慧子(けいこ)監督は、大人と子供のあわいをすくい取るのを得意としてきた。ひと昔前の相米慎二大林宣彦のジュブナイル映画をほうふつとさせる。

 サトシ(山崎光)は温…

この記事は有料会員記事です。残り866文字有料会員になると続きをお読みいただけます。