象牙登録厳格化、7月から 検査機関の証明書、必要に 環境省

有料記事

[PR]

 環境省は22日、全形を保った象牙(全形牙)の登録を7月から厳格化すると発表した。国内で売買の際、違法入手した象牙ではないことを示すため、象牙の採取時期を示す検査機関の証明書などの提出を義務づける。日本国内の象牙取引には国際的な批判が強く、5月のワシントン条約締約国会議を前に管理体制の強化を打ちだし…

この記事は有料記事です。残り328文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント