[PR]

 22日の東京債券市場では、世界経済の減速懸念から比較的安定した資産の国債を買う動きが強まり、長期金利が約2年4カ月ぶりの低水準となった。指標となる満期10年国債の利回りは前営業日より0・040%幅低い(国債価格は値上がり)マイナス0・080%となった。

 景気減速懸念が出たのは、20日に米連邦準備…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも