[PR]

 ■時代の精神を示す12人の語り イルメラ・日地谷=キルシュネライトさん(70歳)

 男児を偏愛する独身女性を通して性の倒錯を描く河野多恵子の出世作「幼児狩り」、胎児を中絶するシーンが生々しい瀬戸内晴美の短編「雉子(きぎす)」――。

 「1960年代の日本の女性文学が、これほど大胆に詳しく『性』を…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも