[PR]

 ■家父長制と共に失われた囲炉裏

 かつての日本の共同体には、いくつかの特徴ある環境や伝統と称される約束事があった。時代の変容でその環境は失われ、儀式なども少しずつ欠けていった。野本民俗学はそれを丹念に聞き取り、記録として残している。記憶は記録されることで、「省察と建設の活力源となる」と指摘する。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも