[PR]

 東京医科大の2006~18年度の入試を受けた女性33人が22日、「性別というコントロールできない属性を理由に不利に扱われた」として、同大に計約1億3千万円の賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。「医学部入試における女性差別対策弁護団」によると、原告は8都道府県に住んでおり、約半数が他大学の医学部生…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも