[PR]

 沖縄県は22日、名護市辺野古の埋め立て承認撤回を巡り、新たな訴訟を福岡高裁那覇支部に起こした。玉城デニー知事は解決策を模索するため政府との「対話」を求めているが、工事が止まる見通しがなく、対抗策に出た。ただ過去の裁判では厳しい結果が出ており、新年度からは新たな取り組みを始める。▼1面参照

 ハワイ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも