在留外国人数、最多の273万人 昨年末

有料記事

[PR]

 法務省は22日、日本に在留する外国人の数について、2018年末時点で273万1093人となり、4年連続で過去最多を更新したと発表した。17年末より16万9245人(6・6%)増えた。在留資格別では、「技能実習」の人が5万4127人増え、初めて30万人を突破した。

 今年1月1日時点の不法残留者は7…

この記事は有料記事です。残り442文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。